眼精疲労でお困りの方、アキュモード鍼灸院で鍼灸治療をおためしなってみませんか。

朝起きてから夜眠るまで、私たちは絶え間なく目を使っています。
そのため、目の疲れや痛み・重み、かすみ目、まぶしさ、眼の充血などといった、目の症状を多くの方が日常的に経験していると思います。
日常的なこれらの症状は、通常は、休憩したり、眠ったりすることで自然と回復していきます。
このように、症状が軽く、短時間で回復可能な状態は、「眼疲労」と呼ばれる状態で、ある意味、生理的なものと考えられています。

しかし、休憩したり、眠ったりしても「眼疲労」が改善せず、目の症状にプラスして、頭痛、肩こり、吐き気などの全身症状を伴うように進行した場合、医学的には「眼精疲労」といい、単なる目の疲れである「眼疲労」と区別しています。

眼精疲労

眼精疲労は、屈折異常(近視、遠視など)やドライアイなどの目の異常や病気の他、目とは関係のない全身の病気の一症状として発症することもあります。
近年では、パソコンやスマートフォンなどを用いて長時間コンピューター業務を行う機会も多く、VDT症候群(*1)の一環として眼精疲労を発症する方も増えてきています。

眼精疲労の原因は多岐に渡り、また重複することもあります。
目や全身の病気が関係している可能性もあるので、「おかしい」と思ったら、まずは眼科を受診して健康チェックを行いましょう。
また、日常生活における目の使い過ぎも眼精疲労につながるので、症状を予防するためにも日常生活スタイルを見直し、目の使い過ぎを避けるようにすることも大切です。

*1 VDT(Visual Display Terminal)症候群とは?
近年、テレビ、パソコン、スマートフォンなどの画面を見すぎることにより、さまざまな症状が出るVDT症候群が問題になっています。VDT(Visual Display Terminalの略)はそれらの画面の総称で、機器の普及と眼精疲労の増加に関連があるとされています。
集中して画面を見つめるVDT作業では、まばたきが減り、涙が目の表面から蒸発しやすくなり、目の乾燥が進むといわれています。
日々の長時間にわたるVDT作業により目や全身の疲労が慢性化すると、仕事の能率が落ちる、気分が落ち込むなど、影響が広がると考えられています。

眼精疲労の主な症状

眼精疲労には、以下のような症状があります。

  • 目の症状
    目が疲れる、目がかすむ、ぼやける、目が重い、目が痛い、しょぼしょぼする、まぶしい、目が乾く、充血する、涙が出る、瞼がぴくぴくする、まばたきが多くなる など
  • 全身の症状
    頭痛、首や肩のこり、吐き気、めまい、イライラ感、倦怠感 など
眼精疲労(目の症状・全身症状)

眼精疲労の原因

眼精疲労の原因は、大きく分けて4つあります。

(1)目の異常

①屈折異常(近視・乱視・老眼など)とその矯正不良

近視・乱視・老眼などが進むと、眼球の内部では何とか網膜(フィルム)にピントを合わせようとして、水晶体(レンズ)の厚さを調節する筋肉(毛様体)の緊張が続きます。
視力が低下してくると、目を凝らしたり、首を前に出す姿勢になり、目が疲れ、首や肩が凝ってしまいます。
また、老眼は、40代半ば~60歳くらいまでの間に急速に進みますが、眼精疲労を訴える患者様の年齢と一致します。

また、年齢に関わらず、眼鏡やコンタクトによる矯正が適切でない場合も、同様に筋肉(毛様体)の負担をかけ、眼精疲労の原因となるので、定期的に検査を受けご自身に合った矯正を行うことが重要です。

[参考]目のピント調整には自律神経が関係しています

目のピント調整には、自律神経が深く関係しています。
自律神経には、

  • 活動時に優位になる「交感神経」と
  • リラックスしている時に優位になる「交感神経」があり、

身体のオンとオフを切り替えるスイッチとして働きます。

目のピント調整には自律神経が関係している

遠くを見るときには交感神経が優位になります。
交感神経は活動しているときに優位になり、目や身体を緊張させるように働きます。
逆に近くを見るときには目や身体をリラックスさせる副交感神経が優位になります。
交感神経と副交感神経がうまく切り替わることで、目のピントを正しく調整できるのです。

しかし現代社会に生きる人々は、自律神経のバランスが崩れやすくなっています。
例えば、仕事をするときには交感神経が優位になることが正常ですが、デスクワークでパソコンを操作していると、近くのものを見ることになるため副交感神経が優位になります。
このような自律神経のバランスが崩れた状態が長く続くと、眼精疲労の原因となります。

②ドライアイ

ドライアイ

「ドライアイ」は、眼球の表面(角膜や結膜)が乾いてしまう病気です。
VDT症候群など目を酷使する人や、コンタクトレンズを使っている人はドライアイになりやすく、しばしば眼精疲労を伴います。

③白内障

白内障

「白内障」は、主に加齢によって水晶体が濁る病気です。
白濁することで視力が低下し、まぶしさを感じるようになり、眼精疲労の原因となります。
白内障は手術で治せますが、手術後に少し見え方が変わるので、それがかえって眼精疲労を起こすこともあります。

④緑内障

緑内障

「緑内障」は、網膜の視神経が障害されて視野が狭くなる(見える範囲が狭くなる)病気です。
しっかり治療せずに放置していると、失明することもあります。
緑内障は眼圧(眼球の内圧)が高くなることが多く、頭痛が起きやすくなります。

⑥眼瞼下垂

眼瞼下垂

「眼瞼下垂」は、まぶた(上眼瞼)が垂れ下がってくる病気です。
視野の上の方が見えなくなるので、物を見るときに頭を後ろへ反らすなどしなければならず、眼精疲労の原因になります。

⑤斜視・斜位

斜視

物を見るときには両眼が連動して動き、わずかに寄り目になって視線を一点に合わせます。
両眼の視線が一致せずに左右別々の方向を向いてしまうことを「斜視」といい、眼精疲労の原因になります。
「斜位」とは、物を見るときは視線が一致するものの、視線を合わす対象がない場合(例えば真っ暗な闇の中や目を閉じたときなど)に、左右の眼が別々の角度を向いていることです。
ものを見る際に、左右の視線を合わせる努力を強いられることになり、眼精疲労がおこります。

(2)全身の病気

脳神経疾患、高血圧、低血圧、糖尿病、自律神経失調症、虫歯、歯周病、かぜ、インフルエンザ、月経異常、更年期障害、耳や鼻の病気などに伴って、眼精疲労の症状が出ることもあります。

(3)目の使い過ぎや環境

当たり前のことですが、目は使えば使うほど疲れます。
社会の情報化が加速的に進み、目を使う“視環境”は、ますます過酷になるばかりです。
近年では、シックハウス症候群(住居の建材に含まれる化学物質などの影響による体調不良)と眼精疲労の関係も指摘されています。

(4)精神的なストレス

ストレスが強くなると、その影響は、不安感が強まる、イライラして落ち着かない、眠れないといった精神的なことに及ぶ一方で、身体に対しても、高血圧、血行不良、胃潰瘍といった様々な病気を引き起こします。
その1つの症状として、眼精疲労が起こることがあります。

以上のように、眼精疲労には4つの大きな原因があります。
ただしこれらの1つだけしか該当しないときには、眼疲労が起きても眼精疲労にはあまりなりません。
眼疲労を起こすいくつかの小さな原因が重なり合って目の負担が増え、眼精疲労につながります。
そのため、眼精疲労の原因と思われる病気を治したのに、眼精疲労が治らないことも少なくありません。
そのようなケースでは、問診や検査で原因と考えられるものを洗い出し、それをひとつひとつ治療・解決していく必要があります。

眼精疲労の
西洋医学的な検査と診断

眼精疲労は自覚症状が主となり、検査が陽性であっても眼精疲労であると診断できるものはありません。
眼精疲労の診断に際しては、自覚症状が重要で、詳細な問診がなされる必要があります。
職場環境や生活スタイルとも密接に関連しているため、パソコン業務への従事状況や、日常生活における詳細な情報が聴取されます。
また、目の病気に関連して眼精疲労が発症することもありますので、視力検査や眼圧測定、屈折検査など、眼科的な検査が実施されることになります。
全身の病気に関連して眼精疲労も発症することもあるので、目とは関係ないと思われる症状や、既往歴、内服歴も詳細に伝えることが重要です。
眼精疲労の発症に関連すると思われる病気がある際には、必要に応じた追加検査が検討されます。

【 疲れ目チェック 】
なんとなく眼の疲れを感じてはいませんか?

まずはあなたの眼はどのような状態なのでしょうか。
「眼精疲労度チェック」で確認してみましょう。

項目のうち、いくつあてはまりますか?

眼精疲労チェック

眼精疲労の原因は、目や全身の病気、環境因子など多岐に渡るため、原因を特定して原因に対して直接的なアプローチが必要になります。
例えば、近視や遠視、乱視といった屈折異常をベースとして眼精疲労が発症していると考えられる場合には、眼鏡やコンタクトレンズを用いて視力矯正を行う他、屈折矯正手術が検討されることもあります。

VDTを長時間使う生活スタイルが原因となって、眼精疲労を発症することが近年では多いと思います。
長時間休みなく継続してパソコン業務に従事するのではなく、適宜休息を挟みながら目を酷使しすぎないようにすることがポイントです。
また、適切な照明環境や姿勢保持なども大切です。

眼精疲労では対症療法的な薬物治療が行われることもあります。
具体的にはビタミンB12などの点眼薬の使用、漢方の内服薬などが検討されます。

東洋医学(鍼灸)における
眼精疲労の考え方

東洋医学では、「肝(かん)は目に開竅(かいきょう)する」といい、目は肝という臓腑と関係が深く、肝の状態が反映されやすい器官と考えています。(「開竅」とは、穴が開いているという意味)
このことから、目のことを肝竅(かんきょう)とも言います。

肝には「疏泄(そせつ)をつかさどる(=身体の中のめぐりを調節する)」とともに、「血(けつ)を蔵す」機能もあり、血を貯蔵して循環させる働きを持っています。
さらに「筋(きん)をつかさどる」機能もあり、筋の収縮や弛緩といった運動の制御もします。
目が正常に動くためには、目や視神経への十分な血流と、神経や筋肉の精緻な反応が必要です。

つまり、肝の状態が目に反映されやすいと東洋医学では考えているのですが、残念ながら、肝はストレスや自律神経系の失調に弱いという特徴があります。
ストレスや自律神経系の失調などにより肝の働きが弱ると、目の疲れ、眼精疲労の原因となることが多いのです。

目の疲れ・眼精疲労の証には、以下のようなものがあります。

(1)「肝血虚(かんけっきょ)」による眼精疲労

五臓の肝において必要とされる「血」(肝血)が不足している体質です。
目や視神経に供給される血の不足による栄養障害により、目が疲れやすくなります。
目のかすみ、ドライアイ、まぶたがぴくぴくするなどの症状がみられます。

(2)「肝腎陰虚(かんじんいんきょ)」による眼精疲労

腎も五臓の1つで、生きるために必要な気(エネルギー)や血(栄養)の原料となる精(せい)を貯蔵し、ヒトの成長・発育・生殖といった機能や、体の中の水分や骨と関係が深い働きを持っています。
精を基に血を生み出す臓腑であるため、「腎は血を生ず」といい、血に関して腎と肝は深い関係にあります。
そして、これら肝と腎の陰液が不足している体質がこの証です。
陰液とは、人体を構成する物質のうち、血・津液(体の水分)を指します。
過労、生活の不摂生、大病や慢性的な体調不良、加齢などにより、肝腎の陰液が減ると、この証になります。
ドライアイ、目の充血、視力の低下などがみられます。

眼精疲労に対する鍼灸

NIH(米国国立衛生研究所)は、鍼灸療法の各種の病気に対する効果とその科学的根拠、西洋医学の代替治療として効果について有効であるとの見解を発表しました。
鍼灸療法が有効である病気には以下のものがあります。鍼灸療法が有効である症状の中に、眼精疲労、疲れ目、かすみ目も含まれています
→NIHが認める鍼灸の適応症のページへ

当院の眼精疲労に対する
鍼灸治療の特徴

当院では、鍼灸治療を始める前に、まず問診票のご記入をお願いしております。
それをもとに医療面接を行い、患者様の症状や病態を把握し、鍼灸治療に適応するか判断いたします(鍼灸治療の適応でないと判断した場合は、しかるべき医療機関の受診をお勧めします)。
鍼灸治療の適応となる場合は、目の症状だけでなく、頭痛、首や肩の凝りなどの全身の症状も含め、身体の状態を全体的に把握して治療内容を決定します。
患者様ごとに合わせたオーダーメイドの鍼灸治療を行います。

鍼灸治療の良いところは、局所(1部分)だけでなく、同時に心身全体にアプローチが可能なことです。
つまり、眼の周囲だけではなく、頭痛、首や肩こり、精神的ストレスや緊張などの複数の症状に対して、同時に対応できるということです。
またホームケアとして、眼筋体操、目の温め方や眼精疲労に効果的なツボの紹介と刺激方、ストレッチ方法などもご指導いたします。

もし、鍼灸治療または整体マッサージのうち、苦手なもの(「鍼は怖い」、「お灸は臭くて苦手」など)をあらかじめお知らせいただければ、それをふまえて施術内容を決定いたしますので、お気軽にご相談ください。

鍼灸治療の流れ

電話、Web、Lineから予約できます

当院にご来院いただいてからの、基本的な施術の流れをご案内いたします。

①ご予約の上、ご来院ください。

②眼精疲労(目の症状、全身症状など)について、カウンセリングシートへのご記入をお願いいたします。

③当院で行う鍼やお灸についてのご説明、また、当院のコースメニューについてご案内をさせていただきます。

鍼灸の説明

④ご記入いただいたカウンセリングシートを拝見しながら、ご記入内容を確認し、どのような方針で鍼灸アプローチしていくか、治療方針などをご説明させていただきます。
何かご不明なことがあれば、お気軽にお問合せください。
特に、鍼灸を初めてお受けになる場合は、ドキドキだと思います。
不安な思いを少しでもなくして、リラックスしたお気持ちになってから施術をお受けいただきたいと思いますので、些細なことでも、気になることがあれば、お話ください。

⑤ご案内をご了承いただけましたら、お着替えをお願いいたします。(お着替えはご用意があります)

⑥施術の前に、眼精疲労でお辛い場所、全身症状の出ている場所を具体的に確認させていただきます。
東洋医学的な施術が必要な病態である場合には、東洋医学的なお体のチェックとして、脈診、腹診などさせていただきます。

刺鍼

⑦施術をさせていただきます。
患者様の症状、病態に合わせた「オーダーメイド」の施術です。
鍼が痛いなど、気になること、イヤな感じがあれば、ご遠慮なく、その時々にお声かけください。
アプローチの方法などを変えますので、どうぞご安心ください。

⑧一通りの施術ができましたら、症状の変化などを伺いながら、細かい調整を加えていきます。

⑨施術の効果を少しでも長く維持していただけるように、生活上での注意事項や、ホームケアなどについて、ご案内させていただきます。

⑩お着替えをしていただいたら、茶菓をどうぞ。

当院で眼精疲労に対する
鍼灸治療をお受けいただいた
患者様

眼精疲労からくる頭痛、首や肩の凝り(25歳 女性 NN様)

2ヶ月前から、眼精疲労からくる頭痛、首や肩の凝りがひどくなり、目を酷使しないように注意したり、マッサージや湿布、筋肉をほぐす薬を飲んだりなどいろいろとやってみたのですが、一向に改善しませんでした。
眼精疲労からきているのかはわからないのですが、頭を締め付けられるような重い痛みがあり、首の後ろ側も痛みます。
整形外科で首のレントゲン、脳外科でMRIを撮っても異常はなく、歯科で歯を食いしばる癖があると言われ、マウスピースも作って使ってみましたが、良くなりませんでした。
それでここは東洋医学にかけてみようと思い、初めて鍼灸治療を受けさせていただきました。
治療が終わった後、少し頭が軽くなって、頭に血液がめぐったような感じがしました。しばらく通ってみようと思います。

 – – – – – – – – – – – – – – –

気持ちが悪くなるほどの眼精疲労(44歳 女性 AR様)

仕事でデータ入力をしています。
パートで週5日勤務ですが、眼精疲労がかなり辛いです。
仕事以外の時にも、慢性的な肩こりや目の疲れがあり、ひどい時は吐き気がしてきます。
キューピーコーワを飲んでいましたが、効いているのかいないのかよくわかりませんでした。
友人に鍼灸治療を勧められ、ネットで検索してこちらの鍼灸院を見つけました。
数回通っていますが、少しずつ症状が軽くなってきていて、最近では吐き気がするまでにはならなくなってきました。
家で教えていただいたホームケアもやっています。

 – – – – – – – – – – – – – – –

パソコン画面を見ると吐き気がする(32歳 女性 UA様)

1年ほど前に、パソコンの画面を見るとすぐに吐き気がするようになりました。
時には、車の助手席に乗っているだけでも吐き気がすることもありました。
仕事でずっとパソコンを使うので仕方ないと思っていたのですが、1度画面を見て吐き気がすると、画面を見ていない時でも吐き気がするようになってしまいました。
眼科に行ったところ、目薬を3種類(目の調節機能、炎症を抑える、ヒアルロン酸)処方してもらい、3日ほど点眼していたら治りました。
しかし、また最近、同じ症状が出てきたので違う眼科に行ったところ、同じような目薬を出すといって違う薬をもらったのですが、効いているような、いないような、どちらともいえない感じでした。
目薬がなくなると、またその病院に行ってもらっているのですが、お医者さんに聞いても「目の疲れでしょう」くらいしか言ってもらえませんでした。
このまま通い続けていていいのか悩んでいたところ、こちらの鍼灸院を見つけて、鍼灸を受けてみることにしました。
まだ初めて日が浅いのですが、吐き気の起こる回数が少し減ってきたので、しばらく定期的に通うつもりです。

「眼精疲労」
についてのコラム