ホーム>コラム>更年期>更年期障害と更年期の不調に鍼灸という選択肢

更年期という言葉は聞いたことがあるけれど、具体的にはわからないという人も多いのではないでしょうか。
更年期にあらわれる症状は多岐にわたり、あれこれ模索しながら過ごしている人も多いようです。

今回は、ひそかに悩んでいる女性が多い更年期の悩みと鍼灸を選択するメリットについてお話しします。

更年期に鍼灸という選択

女性は、女性ホルモンによって女性らしい体になり、妊娠と出産をすることができます。
しかし、残念ながら、女性ホルモンは一生分泌し続けるわけではありません。
女性ホルモンは、50歳前後で分泌しなくなります。
更年期とは、女性ホルモンが分泌しなくなる50歳前後を基準とした前後10年間の期間をさします。
つまり50歳を基準とすれば、45歳から55歳までの約10年間が更年期です。
意外と早くおこり、期間が長いと感じる人は、多いのではないでしょうか。

「更年期はつらい」とよく聞きます。
更年期には、困った症状や不調があらわれるのです。
とくに多い症状は倦怠感や肩こり、物忘れや神経過敏、発汗やイライラやホットフラッシュなどです。
ほかにも寝つきが悪くなったり怒りっぽくなったりする不調がみられることもあります。
共通していることは「外からの見た目にはわかりにくい」ということです。
他の人に「つらい状況」ということが理解されにくいため、更年期は体だけでなく精神的にもつらくなってしまいます。

更年期かも?と思ったらどうしたらいいですか?

更年期症状は、具体的で決定打となるサインがないため、自分自身で「これは更年期だ」と判断することが難しいものなのです。
45歳前後になって、体調不良が続けば「私も更年期かしら」と思い、時が過ぎるのを待っている人もいます。
しかし、45歳前後は更年期以外にも体の変化が起きやすい年頃であり、更年期と過信せず、注意が必要です。

ここからは「更年期かもしれない」と思ったときにどうすべきかをお話しします。

「更年期だから」と決めつけない

更年期症状の中には、病気によく似た症状もあります。
「更年期だから」と思っていたら、実は病気だったという可能性もあるのです。
体に不調があるときには「更年期だから」と決めつけず、病気の可能性も含めて見極めるようにしましょう。

例えば、甲状腺ホルモンが影響している病気は40代50代に多く、症状も更年期症状に似ています。
また、寝つきが悪くなったり食欲がなくなったりする症状も更年期の不調に似ていますが、実はうつ病である可能性もあるのです。
更年期は、仕事も子育ても大変な時期であり「更年期症状かと思っていたらうつ病だった」という話は意外とよくあります。

更年期障害や更年期の不調は長くつらいものですが、いずれ落ち着く日がやってきます。
気になる症状があるときには病院で診断を受け、病気でないことを確認してからゆっくりと更年期を乗り越えましょう。

落ち着いて症状と向かい合う

更年期障害と呼ばれる生活に支障が出るレベルの症状や不調は、とてもつらいものです。
更年期で苦しんでいる人の中には、倦怠感がつらくて内科に通い、肩こりでは整形外科へ、耳鳴りやふらつき感では耳鼻科へ、というように、複数の科や病院を渡り歩いている人もたくさんいます。
「すぐに治してほしい」という思いから、次から次へとドクターショッピングしがちの人も少なくありません。

更年期症状は、倦怠感、肩こり、耳鳴り、ふらつきの他、腰痛や頭痛、手足の冷え、ほてりなどと、ひとつの症状だけではなく、いくつものつらい症状があらわれてきます。
西洋医学では、症状によって縦割りの診療科で治療を行いますが、更年期の不調は横断的にみる方法が向いていることがあります。
横断的に身体をみていく療法は、鍼灸です。
鍼灸は、東洋医学の考えに基づいて身体全体を総合的にみます。
特効薬のように瞬時に治すことはできませんが、体質を見据えて、症状がおきている原因を追究し、体に負担をかけないように身体を軌道修正して整えていきます。

更年期症状(更年期障害と更年期の不調)に鍼灸をおすすめする理由

更年期症状に鍼灸をおすすめする理由は、身体全体を総合的にみていく療法だからです。
更年期に苦しんでいる女性はたくさんいますが、2022年7月に公開された厚生労働省の「更年期症状・障害に関する意識調査」によると、ほとんどの人が病院を受診せずに我慢していることがわかります。
おそらく「更年期だからしょうがない」とあきらめたり、何科を受診したらいいのかわからなかったりするからではないでしょうか。

アキュモード鍼灸院は、女性専門の鍼灸院です。
西洋医学と東洋医学の両面から体質や原因を追究し、鍼灸治療を行います。
鍼灸は、刺激によって自律神経の働きを整え、血流を改善していくことで内臓の働きを活発にします。
つまり、症状が出ているところだけにアプローチするのではなく、身体全体にアプローチすることができるので、原因を予測して受診する診療科を迷ったりする必要がありません。
参考データ:厚生労働省「更年期症状・障害に関する意識調査」

「体全体が不調で診療科がわからない」、「つらい症状を短時間でうまく説明する自信がない」という女性でも、落ち着いた雰囲気の中でじっくりとカウンセリングを行うことで解決の糸口を見つけることができるかもしれません。

おわりに

更年期症状の原因は女性ホルモンですが、さらにストレスがかかると症状を悪化させるとも言われています。
アキュモード鍼灸院のスタッフは全員がアラフィフ女性鍼灸師です。
まさに更年期世代なので、自身の経験から、少しでも症状緩和につながるお話ができればと思っています。
施術を受けながらのなにげない会話で、少しはストレスがときほぐれるかもしれません。
更年期は必ず終わりがやってきますが、我慢して乗り越えるには長すぎます。
アキュモード鍼灸院のスタッフとともに、更年期をポジティブにとらえ、新しいスタートを迎えていきませんか。