ホーム>コラム, 健康維持・増進, 妊活・不妊, 更年期>サプリメントの効果的な飲み方

当院に来院される患者様の中で、特に不妊(妊活)や更年期の症状をお持ちの患者様は、サプリメントを飲まれている方が少なくありません。
ドラッグストアの店内、雑誌、TV-CMなど、迷ってしまうほど、たくさんの種類のサプリメントが販売されています。
”私のカラダに良いのでは?” と、買ってしまうかもしれませんが、どんな飲み方をされていますか?

先日、妊活・不妊の座談会があり、サプリメントの話題が出たのですが、「はぁ?」とビックリするような飲み方をされている方がいらしたので、ご参考までに、効果的な摂り方についてまとめておきます。

サプリメント

サプリメントはいつ飲むのが良いのでしょう?

はじめに確認しておきますが、サプリメントは医薬品ではありません。
これは、とても大切なことです。
サプリメントは、「補助食品」であって、食べ物の一種なのです。

ですから、サプリメントを購入しても、パッケージなどには、飲むタイミングなどの明記はありません。
医薬品であれば、「食後」に飲むことが多いと思いますが、サプリメントは、補助食品であるため、基本的には「食前」でも、「食後」でも、「食間」でもかまいません。

ただし、ビタミンやミネラルなどが含まれるものは、他の栄養素と一緒に摂った方が吸収率が良いことが多いので、食事中や食後すぐ(30分以内)に飲む方が良いと言われています。

逆に、カルシウムやマグネシウムなどが含まれるものは、アルカリ性であるため、食後に摂ると胃酸を中和してしまい、消化不良が起きやすくなるため、食間が好ましいかもしれません。

いずれにせよ、飲み忘れを防止するためには、どのタイミングで飲むのか、ご自身なりのタイミングをあらかじめ決めておくことをおすすめいたします。

1日3錠と明記されていたら、どう飲みますか?

「1日3錠を目安に」という記載があったとしたら、あなただったら、どう飲みますか?

ある人は「飲み忘れ防止のために、朝3錠飲みます」と言っていました。
たしかに、飲み忘れをするくらいなら、思い出した時にまとめて…ということも、時には必要かもしれません。

でも、その飲み方は、もったいないかもしれないのです。
1回あたりの吸収には、もしかしたら上限があるかもしれないのです。
もし、上限があるとしたら、余分に摂取してしまった分に関しては、尿などに排泄されてしまいます。
1日3錠が目安であれば、朝・昼・夜の3回に分けて飲む方が、ロスが少ないと思われます。

また、基本的なことに戻りますが、サプリメントは補助食品なので、食事でしっかりと摂れた場合には、飲む必要がないのかもしれません。
1日3錠、朝・昼・夜の3回に分けて飲むことにしていても、食事でしっかり栄養が摂れたような時には、サプリメントの飲用はお休みしても良いのではないでしょうか。
食事内容が偏っているような時にこそ、サプリメントを飲む価値があるのだと思います。

サプリメントは、どうやって飲みますか?

サプリメントがカプセルや錠剤タイプである場合、通常、何かしらの水分で飲むと思います。
一般的には「コップ一杯の常温の水~ぬるま湯」で飲むことが基本となります。

中には、「唾を溜めて飲み込んでしまう」という人もいるかもしれませんが、チュアブル(噛み砕いて飲む)タイプでない限り、コップ一杯の水で飲むことで、胃腸を適度に刺激し、消化吸収を促すことになりますので、唾液で飲み込まずに、コップ一杯の水で飲むようにしてください。

また、昔から言われていることですが、緑茶のカテキンや、コーヒーなどのカフェインは、栄養素の吸収を阻害することがあるので、緑茶やコーヒーで飲むことは避けた方がよさそうです。
最近では、牛乳やヨーグルトに混ぜて飲むと美味しいサプリメントもあるようです。

サプリメントの適量を守りましょう

例えば、”●●用のサプリメント” という宣伝のものを購入した場合、一日も早く効果を得たいと思うばかりに、目安となっている量より多く飲みたくなりますが、それはカラダによくありません。

例えば、ビタミン系のサプリメントについて言うと、
水溶性のビタミンのサプリメントの場合、多く摂り過ぎた場合には、不要なものは尿として排泄されてしまうので、カラダには害はなく、特に問題はありません。
しかし、脂溶性のビタミンのサプリメントの場合、多く摂り過ぎてしまうと、カラダの外に排泄することができず、体内に蓄積されてしまい、”過剰症” が起きることがあります。

「過ぎたるは猶及ばざるが如し」というように、1日あたりの上限内の適量を守って摂ることが大事です。
ちなみに、例としてあげた脂溶性ビタミンとは、ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンKのことです。
ご注意下さい。

サプリメントは継続する必要があります

先に述べたように、サプリメントは医薬品ではなく、食品の一種なので、今日摂れば、明日結果が出るというものではありません。
日によって飲んだり飲まなかったりでは、サプリメントとしての効果は得られません。
サプリメントは継続的に飲み続けることが重要で、まずは3ヶ月を目安として、飲み続けていくことが必要なのです。