ストレスホルモン「コルチゾール」

ネットからのご予約・お問い合わせは24時間受付中

東京都港区南青山にある、女性のための鍼灸マッサージ治療院です。
スタッフは全員国家資格を取得している女性ですので、ご安心ください。心をこめて皆様のケアをさせて頂きます

ストレスホルモン「コルチゾール」

仕事でのストレス、人間関係のストレス、そしてゴールがいつになるのか、先の見えない不妊治療でのストレスなど、体がストレスを感じている時、それに反応して「コルチゾール」というホルモンが、副腎から出ています。
副腎は左右の腎臓の上に乗っている ”そら豆” のような形の臓器です。
脳からの指令で分泌されます。
コルチゾールは、ストレスに反応して分泌されるので「ストレスホルモン」とも呼ばれています。
 

コルチゾールの作用

コルチゾールには次のような作用があります。

    抗ストレス作用
    ストレスに反応して分泌され、交感神経を刺激し体の緊張状態を保ちます。
    脈拍や血圧を上昇させるほか、運動機能を増すことで脳を覚醒状態にします。

    抗炎症作用
    炎症の治癒や修復にはエネルギーが消費されるため、コルチゾールが分泌されて炎症を抑えることによりエネルギー消費を抑制します。

    免疫抑制作用
    短期的に免疫作用を抑制することで体の活動エネルギーを確保する作用です。

    糖の新生促進と血糖値の上昇作用

    脂肪分解促進作用

コルチゾールが十分に分泌できないと、さまざまなストレスと闘えなくなりますが、過剰に分泌されると水分をしっかり排泄できなくなり、細胞間に水分が溜まり、むくみとなってあらわれ、顔のむくみがおきたり、場合によっては、高血圧や糖尿病などのリスクが出てきます。
また、筋肉内のタンパク質を利用する糖新生でエネルギーを産生するため、筋肉を弱らせ、血液の流れや、リンパの流れを悪くします。
これにより、血圧が上がり、圧迫された血管壁から水分が滲みでて、むくみとなる事もあります。
 

コルチゾールは起床ホルモン

コルチゾールは、「起床ホルモン」とも呼ばれており、起床1時間前に分泌されることで覚醒に役立ちます。
しかし、寝る直前までストレスのある状態だと、コルチゾールが体内に残り、眠りにつきにくいばかりか、眠りが浅くなってしまいます。

更に成長ホルモンと似た働きを持っているので、コルチゾールが起床時間の1時間前に分泌されると、「ホルモンの血中濃度が高いので、これ以上ホルモンの分泌をしなくていい」という、フィードバック機能が働いてしまい、成長ホルモンの分泌を抑制してしまいます。
コルチゾールの影響を受けないようにするためには、眠る前にはできるだけリラックスし、ぐっすり眠ることが大切で、最低4時間睡眠をとる必要があります。

現代人は様々なストレスで肝臓が疲れているため、肝臓で解毒できなかった毒素が各臓器に広がって炎症を引き起こし、これが副腎の負担となります。
副腎に負担がかかり、疲労してしまうと、副腎から分泌される様々なホルモンがうまく分泌されなくなります。
コルチゾールもその1つです。
 

副腎の働きを高める方法

コルチゾールがしっかりと分泌されるためには、副腎の働きを整える必要があります。

  • 良質のたんぱく質・脂質などバランスの良い食事に心がける
  • 血糖値が急上昇する甘い物の取りすぎに注意
  • スナック菓子などの添加物・化学合成物質は副腎に負担をかけるので極力避ける
  • 肝臓に負担のかかるアルコールの取りすぎに注意
  • しっかりと睡眠を取る

など…
ストレスに立ち向けえる体調を整え、毎日を健やかに過ごしたいものです。



貴女のお体を整えるお手伝いをさせていただきます。
東京青山の「アキュモード」は、女性鍼灸師による女性のための鍼灸マッサージ治療院です。
ご不安なことがあれば、お気軽にお問合せください。
女性のための鍼灸マッサージ治療院「アキュモード」 東京都港区南青山2-26-34北屋ビル3階
 

はじめに
ヘルスケア
肩こり・腰痛
むち打ち・頚椎捻挫
交通事故後遺症
顎関節症
耳鳴り・難聴
アトピー性皮膚炎
関節痛
頭痛
ビューティケア
美容鍼灸
美顔鍼灸
メディカルアロママッサージ
足のむくみコース
ダイエット(痩身)鍼灸
耳ツボ・ダイエット
ダイエット(痩身)鍼灸
オプション
オプション
オンラインショップ
アキュモード式不妊症改善セルフケア
アキュモード式アラフォー女子の妊活術
刺さないはり・テイシン
逆子の灸、マタニティ産前・産後のケアDVD
ブログ
ブログ
アクセス
アクセス