不妊症・不妊鍼灸について | アキュモード鍼灸院(東京都港区青山)

ネットからのご予約・お問い合わせは24時間受付中

東京都港区南青山にある、女性のための鍼灸マッサージ治療院です。
スタッフは全員国家資格を取得している女性ですので、ご安心ください。心をこめて皆様のケアをさせて頂きます

不妊症・不妊鍼灸について | アキュモード鍼灸院(東京都港区青山)

不妊症・不妊鍼灸について子宝鍼灸・妊活鍼灸

不妊症とは

「不妊」とは、妊娠を望む健康な男女が避妊をしないで性交をしているにもかかわらず、一定期間妊娠しないものをいいます。
日本産科婦人科学会では、この「一定期間」について「1年というのが一般的である」と定義しています。
不妊で悩まれているカップルは約1割とのデータがありますが、子供を望まないカップルもいることから、実際にはもう少し多くのカップルが不妊に悩まれていると推測されています。

この数十年の間に、女性の生活スタイルの多様化、晩婚化などが起こり、妊娠を考えはじめる年齢が上がってきています。
でも、女性の体や働きが進化したわけではなく、女性が子供を妊娠して、出産できる年齢には、今も昔も関係なく、タイムリミットが存在します。
もしかしたら、不妊かどうか、1年という期間をとって様子をみているうちに、タイムリミットが来てしまうかもしれません。
特に、婦人科疾患や、月経不順などがある場合には、妊娠しにくい状態が起きているかもしれないので、まずは子供を!と、思い立ったら、まずは現状の体の状態を正しく知ることが大切です。

アキュモードは、鍼灸院ではありますが、一人でも多くの女性が早期に妊娠、出産へと進まれることを願っているので、まずは、ご夫婦そろって、婦人科(男性は泌尿器科でもOK)での検査をおすすめいたします。
今まで健康で過ごされてきた方にとって、病院で検査をお受けになることには、大変抵抗感があるかもしれませんが、ご夫婦のこれからの人生計画に、とても大切なことだと思います。
ご自身の体の状態を正しく認識した上で、鍼灸治療をお受けいただきたいと思います。
 

不妊鍼灸とは

西洋医学では、「不妊症」と、ひとくくりにされがちですが、お一人おひとり、体質が違えば、生活スタイル、おかれている環境など、不妊をひきおこしている原因(病因)が違います。
東洋医学では、こうしたお一人ごとのお体の状態を総合的にとらえ、東洋医学の考え方に則って、患者様のお体に適切な治療方針を考えていきます。

また、西洋医学では、今起きている現象、検査の数値に目が向けられ、卵子を育てる薬、排卵させる薬など、目的に合わせたピンポイントの処方や治療が行われがちですが、東洋医学では、卵子がうまく育たない現象、排卵ができない現象が起きている根本的な原因をさぐり、本来あるべき体の状態へと軌道修正し、機能が十分に発揮できるように調整していきます。
不妊鍼灸では、特に不妊改善に効果的と考えられているツボや経絡(体の中のネットワーク)に、鍼やお灸を使って刺激し、妊娠しやすい体づくり、妊娠を維持できる体へと促していきます。
 

子宝鍼灸(妊活鍼灸)のメニュー&料金はこちら…

メニュー&料金のご案内
ご夫婦でお受けいただける「カップル子宝鍼灸」もございます。

カップル子宝鍼灸のご案内

ご予約・お問い合わせ

不妊症に鍼灸が効く

NIH(アメリカ国立衛生研究所)が鍼灸の適応症として「不妊」をあげていますが、世界各国で行われている臨床実験においても、鍼灸治療が不妊症改善に効果的であるとの見解をあらわしています。

日本では、2006年に新聞に記事になったことをきっかけに、不妊に対する鍼灸治療が着目されるようになりました。

鍼治療の効果の新聞 鍼治療の効果の新聞2

【不妊治療の効果「針で」大幅改善】

不妊治療の効果「針で」大幅改善2006年11月10日 読売新聞より
体外受精を5回以上行っても妊娠できなかった不妊症の女性114人に針治療を行ったところ、約4割にあたる49人が妊娠に至ったと名古屋市の明生鍼灸院と明治鍼灸大の研究グループが10日、大阪市内で開かれている日本生殖医学会で報告した。
49人のうち4人は自然妊娠し、30人は治療後1回目の体外受精で妊娠に成功したという。
不妊治療の専門家が集まる学会で、針治療による効果を示すデータが発表されるのは珍しい。
報告された114人の治療実績は、1998年2月~2006年6月に、同鍼灸院を訪ねた不妊患者のうち体外受精を5回以上行っても妊娠しなかった女性のもので、鍼灸治療は週1~2回のペースで行われ、腹部や足などにある婦人科疾患に効果があるとされるツボを針で刺激した。

アキュモードでは、2006年の開業当初より、女性の不調に対する鍼灸を行ってきており、不妊症に対する子宝鍼灸を行っております。
不妊でお困りで、アキュモードにご通院されている患者様の多くは37~43歳位の年齢の方々で、一般的に言えば、妊娠が難しくなっている年齢の方々です。
女性が、妊娠し、出産できる年齢にはタイムリミットがあるので、私たちアキュモードでは、限られた時間を有効にお過ごしいただけるように、全力でサポートさせていただきます。

「卵子の高齢化」や「卵子の老化」の問題

「卵子の高齢化」や「卵子の老化」という言葉を耳にすることが増えました。
卵子は、皮膚や粘膜の細胞とは違い、私たち女性がお母さんのお腹の中にいる胎児の時に、卵子の素となる細胞は作られ、成長が始まっています。
つまり、卵子の年齢は、私たちの実年齢プラス1歳の年齢だと言うことができ、これが「卵子の高齢化」と言われる所以なのです。
外見は「年齢より若く見られる」ことがあるかもしれませんが、残念ながら、細胞レベルでは年齢相応であって、卵子自体の若返りはできません。

女性が胎児の時に、おおよそ600万個もの卵子の素の細胞が作られます。
しかし、細胞分裂が進むにつれて、数は減少してしまい、出生時には100~200万個、思春期を迎える頃には30万~数万個にまで減ってしまいます。
女性が生涯で排卵する卵子は、約400~500個にすぎません。
卵子の細胞分裂は、出生と共に一時休眠状態となり、思春期のホルモン分泌などをきっかけに、数十個~1000個位の卵子が同時に目覚めて発育を再開していきます。
でも、排卵できるのはたった1つの卵子だけで、その他の卵子は、変性、吸収されてしまい、日の目をみることはありません。

例えば、40歳の方であれば、40年プラス1年前に生まれた卵子が、40年の時を経て、やっと排卵できるわけですが、40年の間には、ホルモンの不調をはじめ、薬やストレス、さらには生活の不摂生など、体の内・外からさまざまな刺激を受けています。
例えば、顔にシミやシワ、タルミが生じるように、卵子にもそれなりの老化=「卵子の老化」は起きているのです。

不妊症に対して鍼灸ができること

排卵できる卵子は、同時に目覚めた数十個~1000個位の卵子の中から、排卵することを許された、いわば「選ばれた卵子」なのですが、決して「質が高い卵子」ではありません
月経周期に合った成長をした卵子が、たまたま選ばれるだけなのです。驚きですよね!

長い休眠状態から目覚め、排卵するまでの期間は、おおよそ80~90日程度の期間だと言われています。
この大切な期間をどのように過ごすかが、「最もグレードの高い卵子」を排卵させるカギになるのではないかと考えています。

一方の「精子」は、体表部の皮膚や、粘膜の細胞のように、毎日どんどん作られています。
精子が作られはじめてから、射精するまで、約3か月かかります。
精液検査を受けて、仮によくない結果が出たとしても、次の3か月の間、生活を見直して、体をいたわる生活やケアを行ってみると、再検査の結果が良くなる、ということは意外とよくあることです。
毎日新しく作られる精子は、「精子の質」を改善させることが可能なのです。

卵子は生まれた時から既にストックされている細胞であって、精子のように毎日作られる細胞とは違うので、今更、卵子の若返りや、卵子の質の改善などは、ほぼできないと思われます。
しかし、排卵する卵子が、「数十個~1000個位中から無作為に選ばれる」としたら、「少しでも【質の高い卵子】が選ばれるようにすることは出来るのではないか」と考えています。
ホルモン状態を整え、月経周期を整えることで、休眠状態から目覚め、成熟していく過程を、より良い環境を作ることが大切です。

    鍼灸は、

  • 卵巣や子宮などの骨盤内の血流を改善、促進させることができます。

  • 自律神経を整える働きがあるので、ホルモンバランスを整えることも可能です。
  • 卵巣や子宮を取り囲む環境を整えて、質の高い卵子、着床しやすい子宮環境を準備していきましょう。

1日も早く子宝に恵まれ、安全に出産するために…

1回の施術を受けたからといって、体質が急に改善するものではありません。
ある程度継続したご通院が必要です。

休眠していた卵子が目覚め、排卵するまでの期間が約3ヶ月であるということをふまえ、アキュモードでは3か月を1クールとした施術を行っていきます。
ですから、ご通院くださる場合には、3ヶ月の期間、継続的(週1回)を目安にご通院くださるよう、ご計画をお立てください。
また、ご通院をライフサイクルに組み込んで継続していただきたいというお願いと、ご予約の確保のために、毎週同じ曜日、同じ時間にご通院の予約をお取りになって、ご通院くださることをおすすめしています。

ご来院の都度、東洋医学的な観点から、お体の変化・状態についてご説明させていただきます。
また、施術の効果を少しでも長く維持し、体質改善へと結びつけていくために、ご自宅で行って頂く簡単なセルフケア(ツボ押し、お灸、ストレッチ、食事についてなど)をご紹介させていただきます。
お体の状態が少しでも早く良くなるように、患者様自らもお体をいたわり、ケアを行っていただきたいと思います。

ご予約・お問い合わせ

不妊症に対する鍼灸の臨床実験

近年、不妊症に対する鍼灸の臨床実験が活発に行われており、鍼灸の有効性が発表されています。

    日本におけるデータでは、鍼灸治療を週2回定期的に受けているグループと、全く鍼灸治療を受けていないグループとの比較では、

  • 鍼灸治療を受けているグループの方が、妊娠率が高い

  • 妊娠後も鍼灸治療を受けると、流産率が下がる
  • 人工授精、体外授精、顕微授精の治療の前後に、鍼灸を受けると妊娠率が高く、効果的である
  • というデータが出ています。

各国の研究については、以下の通りです。ご参考までに是非ご覧ください。

【胚移植日に鍼治療を行うと体外受精、顕微授精の妊娠率を上昇させる】

鍼治療を行うと体外受精、顕微授精の妊娠率を上昇アメリカ生殖医学学会誌「Fertility & Sterility」2006年/デンマークからの発表
273例を研究対象とし、鍼を行わない群では22%の妊娠、鍼治療群では36%の妊娠率であり、鍼治療群に有意に妊娠率が高かった。

【体外受精例と顕微授精例の黄体期に鍼治療を行うと妊娠率が有意に高かい】

鍼治療を行うと妊娠率が有意に高かいアメリカ生殖医学学会誌「Fertility & Sterility」2006年/ドイツからの発表
225例を対象。鍼を行わなかった群では13.8%、行った群では28.4%の妊娠率で、鍼治療群に妊娠率が高かった。

【体外受精例に鍼治療を3回行い、鍼治療群に妊娠率が高い】

鍼治療群に妊娠率が高いアメリカ生殖医学学会誌「Fertility & Sterility」2006年/オーストラリアからの発表
228例を対象に、hMG(排卵誘発剤)注射時、採卵前、採卵直後に鍼を行った。行わない群では23%、鍼治療群では31%の妊娠率となり、有意差はなかったが、鍼治療群に妊娠率は高かった。

【体外受精と併用された鍼治療は妊娠率を向上させる】

鍼治療は妊娠率を向上「British Medical Journal」2008年/米メリーランド大学、ジョージタウン大学産婦人科の発表
過去の7件の臨床試験のデータをまとめたところ、鍼療法を併用した胚移植は、妊娠率が1.65倍、継続中の妊娠は 1.87倍、生児分娩率は1.91倍それぞれ高くなり、鍼治療は妊娠率の高さと関連していた。

【胚移植1日以内に鍼治療を受けると妊娠率が高まる】

鍼治療を受けると妊娠率が高まる米メリーランド大医学部 Eric Manheimer医師の発表
体外受精(IVF)を受けた1366人に対する試験。胚移植後1日以内に鍼治療を受けた群と、鍼治療を受けなかった群(プラセーボ含む)を比較したところ、鍼治療を受けた群は妊娠率が65%高かった。

子宝鍼灸(妊活鍼灸)のメニュー&料金はこちら…

子宝鍼灸(妊活鍼灸)のご案内
お知らせ
アキュモードについて
アキュモード鍼灸院とは
院内を画像でご案内
よくある質問
皆様からのお声
スタッフ紹介
鍼灸マッサージ講習会
取材・メディア
鍼灸マッサージの適応症
鍼灸の適応症状
マッサージの適応症状
不妊症に対する鍼灸
不妊症・不妊鍼灸について
不妊鍼灸のメニュー/料金
カップル鍼灸のメニュー/料金
施術の流れ
各種情報
施術オプション
不妊症セルフケア
アクセス・営業時間