女性と鍼灸

30 2018年06月

不育症のリスク因子「血液凝固異常」とは?

By |2020-12-28T13:22:55+09:002018年6月30日|ブログ, 不妊症と鍼灸, 健康維持・増進, 女性と鍼灸, 妊活・不妊, 鍼灸マッサージで健康増進!|

妊娠はするけれど、流産や死産、新生児死亡などを繰り返して、結果的に、子供を持てない場合、「不育症」と言います。 「習慣流産」あるいは「反復流産」という言葉は、ほぼ同意語ですが、これらには、妊娠22週以 [...]

24 2018年06月

意外に多い二人目不妊

By |2020-12-28T13:22:56+09:002018年6月24日|ブログ, 不妊症と鍼灸, 健康維持・増進, 女性と鍼灸, 妊活・不妊, 鍼灸マッサージで健康増進!|

一人目を出産後、子育てに少し余裕ができたからそろそろ二人目が欲しいなと考え始めることでしょう。 しかし、なかなか妊娠しないケースが増えているようです。   原発性不妊と続発性不妊 不妊とは、WHO、日 [...]

18 2018年06月

着床前診断とは?

By |2020-12-28T13:22:56+09:002018年6月18日|ブログ, 不妊症と鍼灸, 健康維持・増進, 女性と鍼灸, 妊活・不妊, 鍼灸マッサージで健康増進!|

2013年3月に、染色体の異常が原因で流産を繰り返している方に対する「着床前診断」が日本産科婦人科学会から承認を受けました。 受精卵は、妊娠する前の段階ですでに遺伝子や染色体などの情報を持っています。 [...]

10 2018年06月

不妊検査 ~フーナーテストとは?~

By |2021-01-06T01:49:23+09:002018年6月10日|ブログ, 不妊症と鍼灸, 健康維持・増進, 女性と鍼灸, 妊活・不妊, 鍼灸マッサージで健康増進!|

フーナーテストとは、質の良い精子が子宮内に入っていけるかどうかを調べるための初期の不妊検査の一つです。性交直後に子宮頚管粘液を採取して精子の状態を確認し、頚管粘液の状態や精子の数や運動率に関する異常を [...]

5 2018年06月

子宮頸がんと不妊症

By |2020-12-28T13:22:56+09:002018年6月5日|ブログ, 不妊症と鍼灸, 健康維持・増進, 女性と鍼灸, 妊活・不妊|

女性特有の「がん」のひとつに、「子宮頸がん」があります。 女性の膣の先にある子宮の入り口部分を「子宮頸部(しきゅうけいぶ)」といいますが、この部位に発症するがんを、子宮頸がんといいます。 子宮頸がんに [...]

4 2018年06月

不妊と肥満の関係

By |2020-12-28T13:22:56+09:002018年6月4日|ブログ, 不妊症と鍼灸, 健康維持・増進, 女性と鍼灸, 妊活・不妊, 鍼灸マッサージで健康増進!|

妊娠を希望しているけれど、標準体重よりも「太り気味」である時、不妊につながることがあります。 かといって、痩せていれば良いか、と言えば、そんなこともありません。 体重・体型と「不妊に対するリスク」を考 [...]

28 2018年05月

排卵日に男性にその気にさせる作戦その1 ~アロマテラピーで男性機能を高めよう!~

By |2020-12-28T13:22:56+09:002018年5月28日|ブログ, 不妊症と鍼灸, 健康維持・増進, 女性と鍼灸, 妊活・不妊, 鍼灸マッサージで健康増進!|

妊活中のカップルにとって、排卵期に夫婦生活を営むことが義務的になってしまい、夫婦間の大きな悩みとなりストレスになってしまう場合も多いのではないでしょうか? 「排卵日鬱(うつ)」ともいわれることがありま [...]

22 2018年05月

卵管障害とは?

By |2020-12-28T13:22:56+09:002018年5月22日|ブログ, 不妊症と鍼灸, 健康維持・増進, 女性と鍼灸, 妊活・不妊, 鍼灸マッサージで健康増進!|

卵管閉塞・卵管狭窄など卵管の障害とは、どのようなことなのでしょうか? 不妊治療を始められ、病院で検査を受けられた方もいらっしゃると思います。 子宮はじめ卵管の形や大きさ、骨盤内での位置も人それぞれ個人 [...]

21 2018年05月

妊活と男性の喫煙について

By |2018-05-21T19:44:10+09:002018年5月21日|ブログ, 不妊症と鍼灸, 健康維持・増進, 女性と鍼灸, 鍼灸マッサージで健康増進!|

タバコは百害あって一利なしと言われるように、身体に悪影響を及ぼすことは知られていますが、精液・精子にも悪影響を及ぼします。 タバコを吸っている人は、吸っていない人と比べ、精子の数が10~17%程度少な [...]

Go to Top