着床前診断とは?

ネットからのご予約・お問い合わせは24時間受付中

アキュモード鍼灸院は、東京都港区南青山(外苑前)にある【女性専門不妊鍼灸院】です。
スタッフは全員女性鍼灸師ですので安心してお越しください。心をこめて皆様のケアをさせて頂きます

着床前診断とは?

2013年3月に、染色体の異常が原因で流産を繰り返している方に対する「着床前診断」が日本産科婦人科学会から承認を受けました。
受精卵は、妊娠する前の段階ですでに遺伝子や染色体などの情報を持っています。
受精卵が着床することで妊娠が成立しますが、着床する前に診断をおこなうため「着床前診断」と呼ばれています。
 

着床前診断は事前に流産を防ぐことができる

妊娠が成立したものの初期段階で流産してしまう確率は低くありません。
その原因の多くが、受精卵の染色体異常と言われています。
着床前診断をすることによって染色体異常があるかどうかを判断し、異常のない受精卵を着床させることで結果的に流産を防ぐことができます。
 

着床前診断の検査方法は?

着床前診断は、受精卵を取り出して診断するため、体外受精が必須となります。
そのため、以下のようなステップに沿っておこなわれることが一般的です。

    排卵誘発剤で卵胞を育てる
    女性から卵子、男性から精子を採取する

    採取した卵子と精子を受精させ受精卵を育てる

    育った受精卵から一部の細胞を取り出し検査をする ←「着床前診断」
    診断後、異常のない受精卵を子宮へ戻し着床を待つ

 

誰でも着床前診断を受けられる?

着床前診断は誰でも受けられるわけではありません。
習慣的に流産を繰り返している場合や、不妊治療で体外受精をおこなう場合、転座などの染色体異常をお持ちの方など、医師が認めた方が対象となります。
また、着床前診断はすべてのクリニックで実施しているわけではありません。
実施しているクリニックを受診した上で、さらにそのクリニックを通じて、日本産科婦人科学会に申請しなければならないこともあります。
 

着床前診断の費用は?

費用については、着床前診断及び体外受精、それぞれの費用が必要です。
どちらも健康保険は適用されないため、全体の費用を合計すると100万円を超えることもあります。
 

着床前診断の安全性は?

体外受精は子宮へ針を刺して卵子を採取するため、採卵時の出血や排卵誘発剤の副作用などのリスクが挙げられます。
卵子を採取する際は痛みをともないますが、麻酔を用いることが一般的です。
着床前診断は、体外受精の手順を含むため、安全性でいうと体外受精の安全性と同程度となります。

妊娠後の出生前診断では、染色体異常に起因する先天性疾患がわかり、堕胎をするかどうかについて、辛い決断を迫られるという可能性があります。
しかし、着床前診断では、染色体異常を移植前に調べることが出来るので、流産の回数を減らすことが出来ます。

不妊症や習慣流産で悩んでいる方にとって、受精卵の段階で診断を受けられることはとても画期的ですが、すべての人が受けられるものではありません。
また、体外受精による妊娠率は30%前後と言われていますので、検査した受精卵で必ずしも妊娠できるわけではありません。
担当医とよく話し合い、納得した上で治療をすすめていきたいですね。


貴女のお体を整えるお手伝いをさせていただきます。
東京青山の「アキュモード」は、女性鍼灸師による女性のための鍼灸マッサージ治療院です。
ご不安なことがあれば、お気軽にお問合せください。
女性のための鍼灸マッサージ治療院「アキュモード」 東京都港区南青山2-26-34北屋ビル3階
 

お知らせ
アキュモードについて
アキュモード鍼灸院とは
院内を画像でご案内
よくある質問
皆様からのお声
スタッフ紹介
鍼灸マッサージ講習会
取材・メディア
鍼灸マッサージの適応症
鍼灸の適応症状
マッサージの適応症状
不妊症に対する鍼灸
不妊症・不妊鍼灸について
不妊鍼灸のメニュー/料金
カップル鍼灸のメニュー/料金
施術の流れ
各種情報
施術オプション
不妊症セルフケア
アクセス・営業時間