新感覚なお灸

ネットからのご予約・お問い合わせは24時間受付中

東京都港区南青山にある、女性のための鍼灸マッサージ治療院です。
スタッフは全員国家資格を取得している女性ですので、ご安心ください。心をこめて皆様のケアをさせて頂きます

新感覚なお灸

お灸セミナーに参加

予防医学臨床研究協会の第11回目のセミナーがありました。

お灸だけで臨床をされていらっしゃる “越石まつ江先生” による「心地良い刺激で最大の効果! 究極の灸法」と題したセミナーでした。

先生ご自身がお受けになったお灸治療のご体験から、先生があみだされた独特の灸法についてご紹介下さいました。
今まで認識していた「お灸」とは全く違うお灸に、目からウロコが落ちました。

お灸にはたくさんの種類があり、やり方もいろいろあります。
火傷をさせ、免疫力アップを目的とするお灸もありますが、「熱くて火傷するお灸」は、時代にそぐわなくなってきています。
また、簡易式のお灸の普及により、「手軽で、火傷のリスクがなくなったお灸」をすえることができるようになったため、”モグサをひねる” ことが「できない」、「やらない」灸師が増えてきています。

越石先生のお灸は、紫雲膏を使い、糸のような細さにモグサをひねった「糸状灸を、1分や2分でつまみ消す」というものと、アズキ大くらいにひねったモグサを連続してすえる「多壮灸」を、症状などに合わせ、組み合わせて行なっていくというものでした。

日頃行なっている「透熱灸」とは全く違い、施灸を受けている時は、全く熱くない、というか、熱さを殆ど感じない、それでいて、あとから、じんわりと暖かくなるようなお灸でした。
皮膚に火が付くこともないので、火傷の心配もありません。
顔にも安心して施灸できるそうです。

「お子さんからお年寄りまで、誰にでも行えるお灸」というのが、先生のお灸のコンセプトなんだそうです。
「お灸をすえる」というと、「刑罰」や「熱い」、「やけど」、「ガマン」などといったイメージが強く、「お灸はちょっと、、」と、敬遠されがちですが、苦痛なく安全に行える越石先生のお灸は、新しい感覚のお灸であり、今の時代のニーズにあったお灸ではないかと思いました。

さっそく、臨床で使わせていただきたいと思います。

アキュモードについて
アキュモードについて
アキュモードの様子
鍼灸マッサージ講習会
スタッフ紹介
よくある質問
皆様からのお声
取材
適応症状について
鍼灸の適応症状
マッサージの適応症状
不妊症について
不妊症について
子宝鍼灸(不妊鍼灸)の料金
子宝鍼灸(不妊鍼灸)の詳細
子宝カップル鍼灸
各種情報
オプション
不妊症セルフケア
アクセス