厚生労働省発表の「H28年の国民生活基礎調査の概況」によると、12歳以上の人について行った調査によると、日常生活での悩みやストレスがある人は、

  • 悩みやストレスが「ある」… 47.7%
  • 悩みやストレスが「ない」… 50.7%

    となっています。



悩みやストレスがある人の性別は…

  • 男性 … 42.8%
  • 女性 … 52.2%



男性より、女性の方が、「悩みやストレス」が、高くなっています。
年齢別に見ると、男女ともに、30代~50代が高く、男性では約5割、女性では約6割となっていることが、見てとれます。
これは、社会的にも、プライベートでも、30代~50代は、責任がある立場であることが多いため、このような結果が出ているのでしょう。
女性は、子育てや親の介護などがあり、また、仕事を持つ女性も増えて生きているので、男性より、女性の方が高い数値になっているのではないかと推測しました。

体の疲れは、精神的な悩みやストレスを強く感じることがあり、また逆に、精神的な悩みやストレスが、体の不調を引き起こすことがあり、さらに、症状を強く感じたり、複雑化することもあります。
体の疲れと、精神的な悩みやストレスを、並行して、軽減・緩和させていくことが大切です。
東洋医学の考えにのっとった鍼灸による全身治療は、疲れの緩和、ストレスの軽減に効果的です。
「少し疲れたな、、」、「最近ストレスがあるな、、」と、感じたら、早めに体をリセットしていきましょう。

体のどこかに不調があると、生活の質(QOL)が低下し、楽しく、元気に生活できなくなってしまいます。
体がリラックスし、体調をセルフコントロールできる状態を作っていくことが、生活の質を上げていきます。



東京青山の「アキュモード」は、女性鍼灸師による女性のための鍼灸マッサージ治療院です。
ご不安なことがあれば、お気軽にお問合せください。
女性のための鍼灸マッサージ治療院「アキュモード」 東京都港区南青山2-26-34北屋ビル3階