布ナプキン

ネットからのご予約・お問い合わせは24時間受付中

東京都港区南青山にある、女性のための鍼灸マッサージ治療院です。
スタッフは全員国家資格を取得している女性ですので、ご安心ください。心をこめて皆様のケアをさせて頂きます

布ナプキン

生理用ナプキンを、布製の布ナプキンに切り替える女性が増えています。
皮膚にやさしく、経済的で、ゴミを減らすだけではなく、「不妊を予防し、妊活にもメリットがあるのでは…」ということで、注目されています。

布ナプキンとは?

その名の通り、「布でできた生理用ナプキン」です。
「布ナプ」などと、略して言われることもあります。
使い捨てナプキンとは違い、洗って何度も繰り返し使う、「マイナプキン」です。

「え? 貫通して漏れないの?」
と、不安に思いがちですが、横漏れ防止機能や、薄手なのに漏れない構造をしています。
防水シートが縫い込まれているタイプのものや、サイズや量に合わせたさまざまな布ナプキンがあるので、量が多くても貫通して、漏れる心配はありません。

1日何回トイレに行くかによっても、用意する枚数は個人差がありますが、2日分の枚数があれば、布ナプキンだけで過ごすことができます。

布ナプキンのメリット

一般的に言われている、布ナプキンのメリットは、次のようなことがあります。

体にやさしい。

下着と同じ「布」なので、付けている違和感が無いです。
重ね着をしている感じなので、冷えから体を守ってくれます。
→ということで、生理痛が緩和したり、生理周期が整ってくると言う方が少なくありません。

ムレないので、臭いません。

デリケートゾーンのかゆみに悩まされている方、少なくないですよね。
布ナプキンは、布製であるため、ムレにくいので、かゆみやかぶれが起きにくいのです。
また、通気性が良いので、雑菌の繁殖が防げるので、ほとんど臭いも気になりません。

生理や自分の体調に関心が持てます。

使い捨てでない分、じっくりと生理の状態に向き合うことになるので、経血の量や色、血塊の有無などを、しっかり把握することができ、体調の変化などに関心を持つことができます。

コストが安くなります。

継続して使用することで、生理の度にかかるコストがおさえられます。
おおよそ、2年くらいで、布ナプキンの方が安くなります。
また、ナプキンの買い置きをしなくても良くなるので、急に生理になってしまい、どうしよう、、ということがなくなります。

ゴミが出ません。

トイレのゴミが出ないので、トイレから汚物入れが必要なくなります。
布ナプキンの使用は、地球環境にも優しいことでもあるんですね。
また、外出先のトイレの汚物入れを触らなくてすみますし、トイレで、カシャカシャ音をたてなくてすみますね。

お気に入りのマイナプキンを選べます。

さまざまな柄や形の商品が販売されているので、お気に入りのナプキンを選ぶ楽しみがあります。
また、手芸好きであれば、手作りすることもできますよ。

布ナプキンのデメリット

逆に、布ナプキンのデメリットは、、、

初期費用がかかります。

最初にいくつ用意するかにもよりますが、1枚数百円のものから、夜用では1000円以上のものまであります。
また、漬け置き用の洗剤を使う場合には、洗剤の購入も必要となります。

ズレると漏れる心配があります。

冒頭で、「漏れる心配はない」と記述しましたが、貫通して漏れることはないのですが、動きまわると、ズレて漏れることがあります。
ズレを防止するために、ソフトガードル(締め付けし過ぎると、血行が悪くなり、体に良くありません)などの着用をして、体に布ナプキンが常にフィットしている状態をキープしていれば、ズレによる漏れを防止することができます。

洗濯し、干す手間がかかります。

使い捨てでないので、洗濯しなくてはなりません。
ゴシゴシ洗うイメージがありますが、基本的には、汚れを洗い流した後、洗剤液に漬け置きし、普通の洗濯物として洗濯する程度ですみます。
ですから、漬け置きするバケツを置く場所が必要ですし、干す場所も必要です。
家族など、同居する人がいると、気が引けるという方も少なくありません。

使い馴れると、かわいいものがどんどんほしくなってしまう。

使い馴れると、下着と同じで、かわいいものを見ると、ついつい欲しくなってしまい、気づくと、たくさん増えていることがあるようです。

外出する時には、荷物がかさばる可能性がある。

使い捨てでないので、荷物がかさばる可能性があります。
使用前はコンパクトにたためていても、使用後の方がかさばってしまいます。

布ナプキンと不妊との関係

不妊の原因の1つである「子宮内膜症」を予防できるのではないだろうかと考えられています。

子宮内膜症の原因は、いまだ明確には分かっていないが、一説には、経血や子宮内膜の組織の一部が、子宮から正しく排泄されずに、逆行し、卵管や卵管采から腹腔内に散ってしまい、発病するのではないかと言われています。

布ナプキンの吸収率が高いので、逆流しにくいので、子宮内膜症の予防につながるのではないかと、産婦人科専門医がいます。
また、通気性が良いので、雑菌の繁殖を防ぐことができるので、感染症の予防にもつながります。

体の冷えを予防し、生理の体調管理にもつながる布ナプキンは、妊活の一つとして使ってみることも良いのではないでしょうか。


貴女のお体を整えます。妊活中の方であれば、妊娠しやすいお体づくりのお手伝いをさせていただきます。
東京青山の「アキュモード」は、女性鍼灸師による女性のための鍼灸マッサージ治療院です。
ご不安なことがあれば、お気軽にお問合せください。
女性のための鍼灸マッサージ治療院「アキュモード」 東京都港区南青山2-26-34北屋ビル3階
 

アキュモードについて
アキュモードについて
アキュモードの様子
鍼灸マッサージ講習会
スタッフ紹介
よくある質問
皆様からのお声
取材
適応症状について
鍼灸の適応症状
マッサージの適応症状
不妊症について
不妊症について
子宝鍼灸(不妊鍼灸)の料金
子宝鍼灸(不妊鍼灸)の詳細
子宝カップル鍼灸
各種情報
オプション
不妊症セルフケア
アクセス