妊娠成立にかかわるホルモン

ネットからのご予約・お問い合わせは24時間受付中

アキュモード鍼灸院は、東京都港区南青山(外苑前)にある【女性専門不妊鍼灸院】です。
スタッフは全員女性鍼灸師ですので安心してお越しください。心をこめて皆様のケアをさせて頂きます

妊娠成立にかかわるホルモン

ホルモンは身体の色々な働きを調節する化学物質です。
身体の働きを常に同じになるように保っています。
それぞれ働きの違うホルモンが内分泌腺で作られ、血液中を流れ全身に送られます。
現在、ホルモンとして確かめられているものは100種類ほどあり、さらに発見され続けています。
どのホルモンも少量で効果を発揮し、ホルモンが必要な時期に必要な量作られることにより、身体のバランスが保たれます。

妊娠にかかわるホルモン、病院で不妊治療の際に検査をするホルモンにはどのようなものがあるのでしょう?
 

卵胞ホルモン(エストロゲン)【E2】

E2は、エストロゲンの一種で、卵胞ホルモンとも呼ばれているエストラジオールです。
生殖器発育、子宮内膜肥厚の作用があり、卵胞がどれだけ成熟しているかの指標になります。
E2が基準値よりも低いと、卵巣機能が低下していることを意味し、無排卵や無月経という症状のほかに、更年期に入ったことを示唆することもあります。
E2が基準値よりも高いと、卵巣機能は高まっているものの、エストロゲン産生腫瘍などの病気が疑われます。
  

卵胞刺激ホルモン【FSH】

卵胞の成長を促す働きをするのが卵胞刺激ホルモンです。性腺刺激ホルモン(ゴナドトロピン)の一つであり、脳下垂体から分泌されます。
卵巣において、卵胞の発育を促進する作用を持ちます。
 

黄体ホルモン(プロゲステロン)【P4】

黄体ホルモンの働きは、卵胞ホルモンが厚くした子宮内膜を維持し、受精・着床しやすい子宮環境に整える働きがあり、基礎体温を上昇させます。
黄体ホルモンの分泌が十分でないと、流産や不育症のリスクが高まります。
卵胞ホルモンと同様に妊娠や出産を考えている女性にとって、欠かせないホルモンです。
 

黄体形成ホルモン【LH】

黄体形成ホルモンは、排卵とその後の黄体形成を促すために働きます。
卵胞刺激ホルモンと同様に脳下垂体から分泌され、LHサージという排卵前に上昇するホルモンです。
卵巣で卵胞を成熟、排卵を促進、黄体を刺激するといった作用を持っています。
LHが基準値よりも低いと、下垂体機能低下症や排卵障害が疑われる。
逆に基準値よりも高いと、卵巣性無月経が疑われます。
卵巣性無月経とは、卵巣に原因がある排卵障害です。
 

乳汁分泌ホルモン(プロラクチン)【PRL】

妊娠すると急激に増えるホルモンです。
乳腺を発達させて母乳が出やすくし、授乳期間中の排卵を抑制します。
 

甲状腺刺激ホルモン【TSH】

血液中の甲状腺ホルモンが常にほぼ一定の値を維持できるようにコントロールしているのが、脳の下垂体という部分から分泌される甲状腺刺激ホルモンです。
ホルモン作用とバランスを調整する働きがあり、亢進・低下があると排卵障害や流産(不育症)の原因になることがあります。
 

テストステロン【T】

男性ホルモンの1つテストステロンですが、女性の体の中にも存在します。
このテストステロン高値の場合は、月経異常、排卵障害、などを疑います。
特に、多嚢胞性卵巣症候群(PCO)では高値となり超音波所見などと合わせて診断に用います。
 

ホルモンの数値を見ると、脳の状態から排卵や月経に関する異常まで、たくさんの情報を得ることができます。
正常な妊娠をするうえで有益な情報ばかりなので、検査を受けるメリットは非常に大きいです。


貴女のお体を整えるお手伝いをさせていただきます。
東京青山の「アキュモード」は、女性鍼灸師による女性のための鍼灸マッサージ治療院です。
ご不安なことがあれば、お気軽にお問合せください。
女性のための鍼灸マッサージ治療院「アキュモード」 東京都港区南青山2-26-34北屋ビル3階
 

お知らせ
アキュモードについて
アキュモード鍼灸院とは
院内を画像でご案内
よくある質問
皆様からのお声
スタッフ紹介
鍼灸マッサージ講習会
取材・メディア
鍼灸マッサージの適応症
鍼灸の適応症状
マッサージの適応症状
不妊症に対する鍼灸
不妊症・不妊鍼灸について
不妊鍼灸のメニュー/料金
カップル鍼灸のメニュー/料金
施術の流れ
各種情報
施術オプション
不妊症セルフケア
アクセス・営業時間