四十肩・五十肩とは?

「肩関節周囲炎」の通称を四十肩・五十肩といいます。

40代50代の人に多く発生する肩関節の炎症で、はっきりとした原因は不明です。

症状としては、肩の痛みと運動制限があります。
痛みは、肩を動かした時や夜間や寒冷時に強くなったりします。

1~2年で自然に治るといわれていますが、痛みが改善しても運動制限が残ったままの人もいます。

四十肩(五十肩)

四十肩・五十肩の体験談(私の場合)

私も四十肩・の場合は、ある日突然 腕を上げた時に軽い痛みと引っ掛かりを感じました。
腕を上げていくと一定の角度で痛みと引っ掛かりを感じますが、その角度を通り過ぎると症状はありません。
夜間、動かしていない状態でも、肩に痛みを感じた事もありました。

当時、鍼灸は私の身近にありましたので症状は軽い状態ですが、鍼灸治療を受ける事にしました。
そして3~4回ほどの治療で痛みや引っ掛かりは消失しました。
今現在、肩の異常はありません。

 

四十肩・五十肩の体験談(知り合いの方の場合)

知り合いには、残念ながら肩関節が固まり腕を上げきる事が出来ない方、違和感が残っている方がいます。

お二方とも、仕事が忙しくギリギリまで痛みを我慢した後に病院を受診し治療を受けました。
肩関節の運動をするようにと病院で指導されたそうですが、実際は痛みの為なかなか行えず、そのままになってしまったとおっしゃっていました。
その当時、お二方にとって鍼灸は身近になく、選択肢になかったそうです。

 

早め早めの対応で症状が改善しやすくなります。

少しの痛みならと我慢なさらずにご相談くださいませ。