低気圧不調・低気圧痛とは?

天気の変化と、体の不調や病気の関係は、昔から知られていますが、気象要素(気圧、温度、湿度、日照時間、降水量、雷、風など)から体に悪影響を受けるものを【 気象病(きしょうびょう)】と総称しています。

その中で、天気の変化(気圧の変化)に伴って、つまり、天気が悪くなる時に、主に体に疼痛の悪化や、不調がおきることを【低気圧不調】、【低気圧痛】、【天気痛】などと言います。

 

低気圧の体への影響

天気の変化=気圧の変化 が起きると、私たちの体はどうなるのでしょうか?
どのように反応して、不調が起きるのか、解説していきます。

天気の変化=気圧の変化 を感じ取るのは、耳の奥にある内耳(ないじ)です。
内耳がセンサーとして気圧の変化をキャッチすると、その情報は 脳=自律神経 に伝わります。
自律神経には、交感神経と副交感神経と呼ばれる2種類の神経があり、これらは拮抗する働きを担っており、体全身を調節しています。
気圧の変化は、特に交感神経に作用し、体が緊張するような反応を起こります。
以上の反応は、生理的な反応であり、誰でも多かれ少なかれ起きます。

しかし、内耳のセンサーが敏感であると、わずかな気圧の変化にも反応してしまい、過剰に自律神経が作用してしまいます。
こうした過剰の作用が、体に不調をひきおこす原因となるのです。
    

低気圧不調・低気圧痛の症状

低気圧不調や低気圧痛は、いわば、過剰に反応してしまった自律神経の症状です。

自律神経は、体調を正常に保つために、呼吸、血液循環、消化、体温調整など、体のさまざまな働きをコントロールしている神経であるため、症状が多岐にわたります。

低気圧不調の代表的なものには、

  • 頭痛・頭重感 ・・・ 低気圧頭痛
  • めまい・ふらつき
  • だるい・疲労感
  • 関節痛・節々の痛み・膝や肩の痛みの悪化など ・・・ 低気圧痛
  • 気持ちの落ち込み(うつ)
  • 吐き気などの消化器症状
  • 喘息
  • 首の痛み、肩こりの悪化

などがあり、さまざまな症状が出るのが特徴です。

気象病は、その名の通り、気象変化の激しい【季節の変わり目】や【梅雨時】、また【台風】などによって引き起こされます。

 

 

低気圧不調や低気圧痛に対する鍼灸

低気圧は自然現象です。
ですから、自然現象をどうにかすることはできません。

低気圧不調や低気圧痛の症状が起きてしまったら、どうしたらよいのでしょうか?

  • 低気圧は自然現象だから、仕方ない… と、あきらめるのでしょうか?
  • そのうち低気圧は去るから、それまでの辛抱だ… と、神だのみをするのでしょうか?
  • これが歳なのかしら… と、ガッカリするのでしょうか?

確かに、そうなのかもしれませんが、あきらめず、神だのみせず、前向きに対策していきませんか?
「え? だって、低気圧は自然現象じゃない…」と思われるかもしれませんが、そうではありません。
自律神経が過敏に作用しないように、調整していくことが必要です。

自律神経は、

  • ストレス
  • 寝不足
  • 過労
  • 冷え
  • 生活(衣食住)の乱れ

などがあると、調整が乱れてしまいます。
ですから、まずはご自身で生活習慣を見直して、直せる部分から直していくことが必要です。

そして、おすすめは、鍼灸です。
鍼灸は、鍼とお灸の刺激で、体質改善をおこないながら、自律神経の軌道修正をしていきます。