不妊症の原因は、女性側の問題と、男性側の問題あります。
WHOが7273カップルを対象に行った不妊症の原因に関する調査では、男性原因のみ24%、男女に原因あり24%、女性原因のみ41%、原因不明11%で、約半数のケースに男性不妊が関わっていることが示されています。

また、昨年「欧米男性の精子の濃度が40年で半減した」という調査結果が発表されました。
日本人も対岸の火事ではなく、欧州4か国との比較で、精子の数が最も少なかったことが分かっています。
最新研究でも新たな精子のリスクが明らかになっており「ある年齢を境に受精卵の細胞分裂をさせる力がない」精子が急増する可能性があるというのです。その原因の一つは「精子の中のDNAの損傷」があるといわれます。
DNAが傷ついていると卵子と結びついても細胞分裂が正常に進まない、と考えられるのです。
 

男性側の不妊因子

不妊というと女性側の高齢化が注目されがちですが、実際には男性も年齢を意識しながらに妊娠を考えて行く必要がありそうです。

男性側の不妊因子には、次ような因子があります。

  • 精液中に精子がない「無精子症」
  • 精子が少ない「乏精子症」
  • 動いている精子が少ない「精子無力症」
  • 勃起不全による性交障害
  • 膣内でうまく射精ができない射精障害

また、上記のような因子がなくてもストレスや精神的な要因で男性ホルモンの分泌が減少したり、精子の運動率が悪くなったりすることが分かっています。
では、どうしたら精子を健康な状態に保てるのでしょうか?
 

精子を元気にする食べ物

精子はタンパク質から作られています。タンパク質は筋肉、血液などをつくるのに重要な役割を果たし、必須アミノ酸やミネラルなども精力UPに欠かせない栄養素です。
忙しい毎日でインスタント食品や、コンビニ弁当が多くなりがち。バランスよくこれらの栄養をとるのは難しいのですが、ちょっとした心掛けで少しずつ取り入れる事は可能です。
参考までに精子が元気になる!といわれている食べ物を探してみました。

  • たこ(亜鉛、ビタミンE)
  • 牡蛎(亜鉛豊富な代表選手)
  • いわし(善玉コレステロール増加DHA,EPA)
  • カツオ(セレン:ミネラルの一つで精子の頭部と尾部をつなぐ部分に多く存在する)
  • パプリカ(ビタミンC,A)
  • クルミ(ビタミンE,B1,B6、亜鉛)
  • 海藻類(ミネラル)
  • 納豆・山芋・オクラ(ねばねば成分ムチンを含む食品)

亜鉛は男性ホルモンの合成にかかわるミネラルです。
米国の研究では、亜鉛の濃度が高まると精子の数は増え、運動量も増すことが確認されています。
亜鉛は吸収が悪いため、吸収を助けるビタミンCと一緒に食べるとよいとされます。
(※サプリメントなどで一度に大量の亜鉛を摂取するのは副作用なども考えられますので注意が必要です。)
 

その他、注意事項

また生活上どういった点に注意すればいいのでしょう?

  • お酒はほどほどにする
  • ブリーフよりトランクス
  • 自転車・バイクに乗りすぎない
  • 長風呂をしない
  • 禁欲しすぎない
  • 膝上でノートPCを使用しない

普段の何気ない動作や姿勢が精子に悪影響を与えている場合があります。
精巣は33度に保たれていて精子は高温に弱いものです。
温度を上昇や、窮屈な肌着で圧迫することは避けなければなりません。
また、肥満は正常な精子の数や精液の量が少なくなるという研究結果もありますので肥満にならないよう気を付けたほうがよさそうです。

近年では妊娠検査薬や排卵日検査薬など女性の妊活に活用できるものが色々と市販されています。
男性用の妊活グッズとして精液を解析・測定できるキットがあるようです。

商品の説明書きによると・・・
〇アプリが精液を解析し、その場ですぐに精子の濃度や運動率などが分かる。
〇必要なものはすべてキッドに入っていて、スマホのアプリをインストールするだけで簡単に利用できる。
と、いったものだそうです。

女性側の排卵日だけではなく、男性側も早めに精子の状態を知ることで、その後の治療計画に非常に有効です。
いづれにしても、女性側の準備だけではなく男性側も同時に進めてゆくことで妊娠の確立を少しずつでもUPさせてゆくこと、これが成功につながるカギだと思います。



貴女のお体を整えるお手伝いをさせていただきます。
東京青山の「アキュモード」は、女性鍼灸師による女性のための鍼灸マッサージ治療院です。
ご不安なことがあれば、お気軽にお問合せください。
女性のための鍼灸マッサージ治療院「アキュモード」 東京都港区南青山2-26-34北屋ビル3階