不妊治療の助成金について

ネットからのご予約・お問い合わせは24時間受付中

アキュモード鍼灸院は、東京都港区南青山(外苑前)にある【女性専門不妊鍼灸院】です。
スタッフは全員女性鍼灸師ですので安心してお越しください。心をこめて皆様のケアをさせて頂きます

不妊治療の助成金について

不妊治療には、ズバリ!「お金がかかります」
「治療」とは言え、いわゆる「病気を治すための ”治療” 」とは意味合いが違うため、不妊治療のうち、人工授精や体外受精などは健康保険の適用外となり、費用負担が大きくなりがちです。
そのため「赤ちゃんは欲しいけど、高すぎて不妊治療まではできない」と泣く泣く諦める方もいらっしゃるかもしれません。

そこで政府は少子化対策の一環として、経済的負担を少しでも軽くするために、不妊治療に取り組む人をサポートするために「特定不妊治療費助成制度」という制度を設けており、不妊治療を受けている人に助成金が支給されます。

名称に「特定不妊治療」とあるように、すべての不妊治療に対する助成金制度ではなく、高額になる体外受精と顕微受精を行う場合にのみ、助成金が支払われる制度です。
 

不妊症治療の助成額

治療1回につき、以下の金額を上限として、助成が受けられます。
(初めて助成を受ける場合、上限金額はカッコ内の金額となります)

    治療ステージA・・・20万円(30万円)
    治療ステージB・・・25万円(30万円)
    治療ステージC・F・・・7.5万円
    治療ステージD・E・・・15万円(30万円)

    【A~Fの内容は以下の通り】
     A・・・新鮮胚移植を実施
     B・・・凍結胚移植を実施
     C・・・以前に凍結した胚を解凍して胚移植を実施
     D・・・体調不良等により移植のめどが立たず治療終了
     E・・・受精できずまたは、胚の分割停止、変性、多精子授精などの異常授精等により中止
     F・・・採卵したが卵が得られない、又は状態のよい卵が得られないため中止

【注意事項】初回の助成上限額拡大(30万円)について
  複数回の治療を受けた場合、「治療終了日」の早い順番で承認されます。
  初回(1回目)として助成を受けた治療よりも前に終了していた治療を、後から承認することはできません。
 

「1回の治療」の考え方、治療ステージごとの助成対象となる範囲

「1回の治療」とは、採卵準備のための投薬開始から、体外受精・顕微授精1回に至る治療の過程を指します。
また、以前に行った体外受精・顕微授精で作られた受精胚を凍結胚移植する場合も1回とします。
 

不妊治療の助成回数

初めてこの助成を受けた時の治療開始日時点で、
  妻の年齢が39歳までの夫婦・・・通算6回まで
  妻の年齢が40歳以上の夫婦・・・通算3回まで

※ただし、1回の治療期間の初日における妻の年令が43歳以上で開始した治療は全て対象外です。
通算の助成回数は、初回の助成認定時における治療開始時点の年齢で固定されます。
39歳までに初めて助成を受けた場合、40歳を超えても通算回数は6回のままです。

※助成を受けた回数が上限に満たない場合でも、妻の年齢が43歳以上で開始した治療は、全て助成の対象外となります。

※助成回数は、他の自治体(道府県・指定都市・中核市)での助成を含みます。

以上の内容は、東京都の場合です。
今回は女性の要件をピックアップしました。
このように、不妊治療への取り組みに対する助成制度を最大限に活用して、金銭的負担を少しでも軽くして治療を続けて行きたいですね。
申請については、細かい要件がありますので、詳しくは東京都保健福祉局などに、直接お問合せください。
 

お知らせ
アキュモードについて
アキュモード鍼灸院とは
院内を画像でご案内
よくある質問
皆様からのお声
スタッフ紹介
鍼灸マッサージ講習会
取材・メディア
鍼灸マッサージの適応症
鍼灸の適応症状
マッサージの適応症状
不妊症に対する鍼灸
不妊症・不妊鍼灸について
不妊鍼灸のメニュー/料金
カップル鍼灸のメニュー/料金
施術の流れ
各種情報
施術オプション
不妊症セルフケア
アクセス・営業時間