不妊と肥満の関係

ネットからのご予約・お問い合わせは24時間受付中

アキュモード鍼灸院は、東京都港区南青山(外苑前)にある【女性専門不妊鍼灸院】です。
スタッフは全員女性鍼灸師ですので安心してお越しください。心をこめて皆様のケアをさせて頂きます

不妊と肥満の関係

妊娠を希望しているけれど、標準体重よりも「太り気味」である時、不妊につながることがあります。
かといって、痩せていれば良いか、と言えば、そんなこともありません。
体重・体型と「不妊に対するリスク」を考えていきましょう。
 

肥満は不妊の一因

肥満は不妊の一因になることがわかってきています。

  • 太り気味の体型は、内臓脂肪が増えるせいで卵巣の表面が分厚くなるなど、生殖機能にも様々な悪影響を及ぼすとされています。
  • 血流悪化による「冷え」で、生殖機能が正常に動かなくなったり、不妊の要因とされる「卵巣の疾患を発症」しやすくなったりするなど、妊娠しにくい状態を招くリスクが高まります。
  • 肥満は「ホルモン分泌」にも影響を及ぼし、稀発月経(生理から次の生理までの期間が長い)の原因にもなります。
    ホルモンの分泌は、その時の体調やストレスを受けやすいので、体重や体脂肪の増加でも、ホルモンの分泌状況に影響を与えてしまいます。
  • 卵巣周りにも脂肪がついて排卵しにくい状態になる場合もあります。
    排卵がなければ、どんなに望んでも妊娠には至りません。
    また、肥満状態で不妊治療をしてもホルモン剤を体内の脂肪が吸収してしまい、効果が得られないこともあるようです。
  • 太り気味の女性には不妊治療の一環としてダイエット指導もしている婦人科も多いようです。
    また、妊娠しにくい原因となるだけではなく、妊娠中や出産時に母体の健康や胎児の成長を阻害するリスクもあるとされています。
  • 妊娠中の高血圧やたんぱく尿などの症状が出る妊娠高血圧症候群などは、肥満が一要因として挙げられます。
    また、出産時には脂肪が邪魔をして、子宮収縮が強く起こらず陣痛が弱いままであったり、陣痛の時間間隔が短くならなかったりなどの事態により、お産が長引くリスクも高まります。
    そうなると母子の命が危険にさらされる可能性もあるので、緊急に帝王切開での出産となるケースも考えられます。

このように、肥満は不妊の問題だけに着目するのではなく、妊娠そして出産へ向けた赤ちゃんを迎え入れる準備として考えて、ぜひご自身の体型をチェックしてみましょう。
 

痩せすぎも見直しましょう

具体的に妊娠しやすさにおける体重とはどの程度のことをいうのでしょうか?
まずは、自分の「BMI」が今どれくらいなのか確認してみましょう。
「BMI」とは体重と身長の関係から算出される人の肥満度を表す体格指数です。

    BMI=体重Kg÷(身長m×身長m)

もし身長160センチ、55キロの人なら、55÷(1.6×1.6)=21.5なので、BMIは21.5となります。BMIの数値が「22」が妊娠に適した体重と言われています。
このBMIの値に近ければ、痩せすぎや太り過ぎの心配はありません。
では、どれくらい数値が外れてしまったら「痩せすぎ」「太り過ぎ」になるのでしょうか?

  • 痩せすぎ→BMI「18.5」以下
  • 太り過ぎ→BMI「25」以上

ただし、ここで少し意識したいのは、BMI自体が世界の測定基準だという点です。
アメリカ人女性と日本人女性では、そもそも体格が違うため、同じBMI「25」と言っても、日本人ではかなり」肥満気味」という印象になります。
BMIが低かったり、高かったりした人は、妊娠に適した体重と言われているBMI「22」に近づけられるような生活を、意識して送ってみましょう。
 

急激なダイエットも不妊原因!

BMIを計算してみた結果、肥満気味でダイエットが必要になったという方もいるかもしれませんが、焦って無理な食事制限はしないでください。
肥満もホルモンバランスを乱しますが、極端な食事制限や運動も、身体に多大な負担をかけ、ストレスとなり、ホルモンバランスを崩す原因となります。

「妊娠を希望していて早急にダイエットをしたい」という気持ちにもなるかもしれませんが、健康維持をしながら、少しずつダイエットを意識しましょう。

適正体重を保つためには、食生活を見直して、脂肪分や糖分の多い食品の食べ過ぎに注意しましょう。
食事の際は、汁物やサラダなどでお腹を満たし、メインや炭水化物は最後に食べると脂肪がつきにくいとされています。
また、内臓温度を上げて基礎代謝をアップさせるために、「白湯を飲む」ことが効果的だと考えられています。
運動習慣がなかった人は、ウォーキングやヨガなど、軽くて無理なく継続できそうな運動を、生活に取り入れるように心がけましょう。

1ヶ月の間で、自分の体重の約5%程度の減量を目標として、ダイエットをしてみましょう。
個人差がありますが、体重が80キロならば1ヶ月の目安は-4キロ程度です。

妊娠したいという焦りから、「ダイエットしなければならない!」というプレッシャーは、想像以上にストレスになってしまいます。
妊娠だけを目指すダイエットではなく、出産した後に待っている「育児をする」ことまでを考えて、健康的な適正体重を、自分に合ったペースで維持し続けることが大切です。


貴女のお体を整えるお手伝いをさせていただきます。
東京青山の「アキュモード」は、女性鍼灸師による女性のための鍼灸マッサージ治療院です。
ご不安なことがあれば、お気軽にお問合せください。
女性のための鍼灸マッサージ治療院「アキュモード」 東京都港区南青山2-26-34北屋ビル3階
 

お知らせ
アキュモードについて
アキュモード鍼灸院とは
院内を画像でご案内
よくある質問
皆様からのお声
スタッフ紹介
鍼灸マッサージ講習会
取材・メディア
鍼灸マッサージの適応症
鍼灸の適応症状
マッサージの適応症状
不妊症に対する鍼灸
不妊症・不妊鍼灸について
不妊鍼灸のメニュー/料金
カップル鍼灸のメニュー/料金
施術の流れ
各種情報
施術オプション
不妊症セルフケア
アクセス・営業時間