WHO(世界保険機構)による鍼灸の適応疾患と鍼灸の施術について

ネットからのご予約・お問い合わせは24時間受付中

WHOによる鍼灸の適応疾患 | 東京青山外苑前のアキュモード鍼灸院

鍼や灸は
何に効くのでしょう…?

WHO(世界保健機構)が認める鍼灸の適応疾患

hari_hand
WHO(世界保健機構)では、49疾患を鍼灸の適応疾患として認めています。
一般的には、次のような疾患を、鍼灸の適応疾患としています。

神経系

神経痛(三叉、肋間、坐骨など)、頭痛、歯痛、ヘルペス、顔面神経麻痺、しびれなど

運動器系

肩こり、寝ちがい、むちうち・鞭打ち・ムチウチ症(頚椎捻挫)、頸肩腕症候群、いわゆる五十肩、テニス肘、腱鞘炎、腰痛症、ギックリ腰、椎間板ヘルニア、変形性膝関節症、関節炎、関節リウマチ、筋肉痛、捻挫など

消化器系

胃炎、胃下垂、胃酸過多症、胃痙攣、胃・十二指腸潰瘍、口内炎、慢性肝炎、胆石症、慢性腸炎、便秘、下痢、痔など

循環器系

高血圧症、低血圧症、心臓神経症、動悸、浮腫、冷え性など

内分泌系

糖尿病、甲状腺機能障害、痛風など

呼吸器系

風邪、扁桃炎、咽頭炎、気管支炎、喘息、咳など

泌尿器系

慢性腎炎、膀胱炎、ネフローゼ、前立腺肥大など

感覚器系

眼精疲労、仮性近視、白内障、鼻炎、副鼻腔炎、耳鳴り、メニエール症候群、めまいなど

婦人科系

生理痛、月経異常、乳腺症、更年期障害、冷え、のぼせ、つわりなど

小児科系

小児喘息、夜尿症、夜泣き、かんの虫、消化不良、虚弱など

その他

自律神経失調、不眠症、ストレス性疾患、心身症、アレルギー、アトピー性皮膚炎、慢性疲労、花粉症、成人病の予防など

そのほか、、

弊院では妊婦さんに対する施術を積極的に行っておりますので、妊婦さんの諸症状に対しても、鍼治療、灸治療をお勧め致します。

  • つわり、背中のはり感
  • 肩こり、腰痛、神経痛、骨盤の痛み
  • 冷え性、むくみなどの循環不良
  • こむら返り
  • マタニティ・ブルーによる、諸症状
  • 逆子
  • 安産
  • 乳汁分泌促進
  • 子宮収縮促進    など

上記以外の症状に対しても、施術を行っております。 お気軽にご相談下さい。

女性の美容に対する施術を積極的に行っておりますので、美容に関するトラブルに対しても鍼治療、灸治療をお勧め致します。

  • 顔のむくみ、たるみ
  • 顔のくすみ、しみ
  • 顔のしわ
  • 顔のターンオーバーの促進
  • ダイエット(痩身)
  • 代謝促進
  • 老廃物の排出、デトックス
  • 便秘
  • 冷え性、足のむくみ
  • 毛髪、頭皮のトラブル  など

上記以外の症状に対しても、施術を行っております。 お気軽にご相談下さい。

弊院では、「病気の症状」だけを治療するのではなく、西洋医学的な観点、東洋医学的な観点から、患者様全体を診させて頂き、患者様に合わせたオーダーメイドのトータルケアをさせて頂きます。

鍼・灸とはどのような施術なのでしょうか…?

鍼灸の歴史

medical_harikyu_woman

鍼や灸は、古代中国で築き上げられた東洋医学の治療法の1分野で、日本の伝統的な医学の1つです。
鍼は経穴(ツボ)に金属の細い鍼(針)を刺入または当てるなどして刺激を加え、灸は経穴(ツボ)に艾(もぐさ)を燃焼させて刺激を加え、病気を治そうとする施術です。

鍼灸医学が中国より日本に伝わったのは、仏教伝来とほぼ同時期の6世紀の初め飛鳥時代であると言われています。日本初の法律「大宝律令」の中に鍼博士や灸博士の記載があり、古代日本社会の医療に鍼や灸が用いられていたことが知られています。

明治以降の欧米化政策により西洋医学に医学の主流を明け渡すまで、東洋医学は医学の主流でした。
『奥の細道』で有名な松尾芭蕉も、足の疲れに「足三里」という経穴(ツボ)に灸をしながら長旅を続けた、というエピソードはとても有名です。

戦後東洋医学の再復興がはかられ、現在は、大別すると「古典治療」と「現代鍼灸」があり、「古典治療」には「日本の伝統鍼灸」、「中医学的鍼灸」があり、合計3つの体系ができあがりました。「現代鍼灸」とは、西洋医学的に病態をとらえ、筋肉や神経をねらって鍼灸を行うものです。「古典治療」とは病名にとらわれることなく、脈や舌、お腹の状態から患者様の本質を見つめ、治療を行うものです。弊院では、肩こり腰痛といった整形外科的な症状には「現代鍼灸」で治療を行い、内科的、婦人科的な症状などには「古典治療」(主に日本の伝統鍼灸)の手法で治療を行います。

ここ数年、健康ブームということもありますが、西洋医学の代替医療として再注目されてきました。また、最近では、各種医療機関、学校機関などによって鍼灸の効果が科学的に証明されてきています。中国、日本といったアジアだけではなく、米国やヨーロッパ各国においても鍼灸が注目されてきていることは、一鍼灸師としてとても喜ばしいことです。

鍼灸の道具

鍼治療では鍼、灸治療では艾(もぐさ)を用います。


注射針のような太い針ではなく、直径0.2mmほどの毛髪程度の太さの鍼を主に用います。初めての方にはさらにもっと細い鍼を弊院では使用しています。経穴(ツボ)にあたる部位に鍼を刺入ますが、ほとんど痛みはありません。

また、鍼の種類は刺す鍼だけではなく、ローラー状の鍼、摩擦する鍼、押圧する鍼などのような種類の鍼もあります。
弊院では必要に応じて使い分けを致しております。

鍼の管理についてですが、一般的にオートクレーブという高圧蒸気滅菌機を使って鍼を使用の度に滅菌を行う場合と、ディスポーザブル(使い捨て)の鍼を使用する場合とがあります。
弊院ではディスポーザブル鍼を使用し、使いまわしは致しておりません。
また器具・手指の消毒をしっかりと行うなど、感染防止の意味も含め衛生面にも十分な配慮を払っています。


灸というと、「お灸をすえる」という言葉のように、体罰のイメージが強かったり、高齢者の体に残るお灸の痕から連想されるイメージで、とても悪い印象をお持ちの方が多いようですが、逆子の治療に効果があることでも大変有名なように、灸は、鍼とはまた違った効能効果がある療法です。

温めるという温熱効果の他、頑固なコリや痛みを取り去り、神経系を整える効果があります。

ちなみに、高齢者の体に残るお灸の痕は、打膿灸(だのうきゅう)と呼ばれる特殊な方法の灸であり、現在では特殊な灸治療院でない限り行われない灸法です。
弊院で行う灸は、患者様が温かく感じたら取り払い、温熱効果を期待するタイプのお灸と、お米粒の半分位の細さの艾(もぐさ)を使用するタイプのお灸を、症状によって使い分けて施術しております。

アキュモード紹介
アキュモードについて
アキュモードの様子
スタッフ紹介
各種情報
鍼灸マッサージ講習会
鍼灸の適応症状
マッサージの適応症状
皆様からのお声
取材